身近な磁気を避ける

磁気の影響を受けると様々な症状が現れる!

機械式時計を磁気の近くに置くと、磁気帯びする可能性があります。磁気の影響を受けてしまう状態のことで、様々な症状が現れるので注意が必要です。例えば機械式時計が磁気帯びすると、テンプの動作が不安定になることがあります。テンプはゼンマイと連動している重要なパーツで、テンプが不安定になると正確な時刻を刻むことができなくなります。もしゼンマイをしっかり巻いているのに、時刻がすぐズレてしまう場合は磁気帯びしている可能性があります。磁気帯びしているかどうかは、方位磁針を使って簡易的に調べることができます。しかし、正確に判断するのは素人では難しいです。何か誤作動が起こった時は、専門家にチェックしてもらうとよいでしょう。

磁気を発するものはたくさんある!

機械式時計の磁気帯びを防ぐためには、磁気を発する製品に近づけないことが大切です。意外と日常生活に磁気を発する製品はたくさんあるので、どういったものが磁気を発しているのかを知っておくとよいでしょう。例えばスマホやタブレットは、磁気を発する代表的な製品です。スマホやタブレットは安全性に考慮されて作られているため、通常利用で磁気帯びする心配はそれほどありません。一般的には5cm以上離れていれば、磁気の影響を受ける心配はないと言われています。家から帰宅した時、機械式時計を外してスマホやタブレットのすぐ横に置かないようにすれば問題ないでしょう。他にも鞄や財布に使われている留め具に、強力な磁石が使われている場合があるので注意が必要です。