定期的なメンテナンスを

機械式時計には定期的なオーバーホールが必要

機械仕掛けのムーブメントが備わっている機械式時計は、内部に歯車のような小さなパーツがいくつも使われていることもあり、外からは見えない部分で故障してしまうことがよくあります。そのため、故障を避けて使っていくためには定期的にムーブメントを分解して点検・清掃することが必要です。このようなムーブメントのメンテナンスを「オーバーホール」と呼び、時計修理の専門業者に作業を依頼することになります。オーバーホールの周期ですが、頻繁に機械式時計を使っているのなら3年に1度、たまにしか使わないのなら5年に1度が目安と言われています。とは言え、使っているうちに時刻が合わなくなってきたり異音が発生するようになった場合には、周期を気にせず適宜オーバーホールを依頼した方が良いでしょう。

メンテナンスをした方が良い場所とは?

正確に時を刻むためにはムーブメントのメンテナンスは欠かせません。しかし、機械式時計にはムーブメント以外にもメンテナンスをした方が良い場所があります。例えば、着用感に直接関わる「ベルト」も日々のメンテナンスが欠かせない重要な場所です。金属製のベルトであればコマの間に埃や皮脂がたまるので定期的に洗い落とす必要があるでしょう。そして、特にメンテナンスの重要性が高いのが革製のベルトです。革製のベルトは乾燥などによって傷みやすいので、オイルやクリームを塗ってベルトを適切な状態で保たなければなりません。また、水分にも弱いので、汗を吸ったベルトはしっかりと乾かす必要があります。機械式時計を快適に身に付けるためにも、ムーブメントだけではなくベルトもしっかりとメンテナンスをするようにしましょう。